薬剤師の男女比は変わらず

女性は結婚・出産で抜けることが多い

薬剤師の男女比は | 女性は結婚・出産で抜けることが多い | 薬剤師に男性の力も必要

そのような場合どうしても数少ない男性にしわ寄せが行き、男性への業務過多となってしまいます。
このことを防ぐために男性薬剤師が多数在籍することが必要なのです。
ただ職業選択はそれぞれ個人の自由の問題ですからそう簡単に解決する問題ではないでしょう。
ですからせめて、今いてくださる方に気持ちよく仕事をしていただく環境を作るために努力していかなくてはなりません。
個人の意見ではありますがあえて言わせていただくと、女性が多すぎる職場は一度人間関係がこじれると取り返しがつかなくなることが多く見受けられます。
私自身女性ではありますが、幾度もそのような場面に遭遇したり巻き込まれたりしたことがあります。
その場合、数少ない男性が押し切られ意見を反映されないまま自信を失っていくようなこともありました。
そうした実態は隠そうとしても周囲や社会に色々な形として表面化してきます。
そうして現れてきたことは薬剤師を目指そうとする男性の足を引っ張りかねません。
私たち女性が気持ちよく仕事をするためにも、これからの薬剤師を目指そうとする男性を後押ししていく必要があるのではないでしょうか。

薬学部男女比と現場薬剤師男女比から男子薬学生が意識すべきポイントを考察する #薬剤師 #薬学部 #薬学生 #医学部 #医学生 #受験 #ブログ書け #ブログ初心者 #ブログ仲間募集 #初心者ブロガー #ブログ https://t.co/1TabNKAfaJ

— リーぱぱ@リーぱぱのブログ (@CU4rLznEer9Ku5G) August 26, 2020